モノの数の売れない時代に、一円でも高く、一つでも多く売って、 売り上げを伸ばす