読の価値ある新刊書紹介「TOPPOINT」の20猶予年の歴史と その存在意義