2003年に向かっての郵便事情を考える